安心の美容整形外科を発見【福岡で頼れるクリニックを見つける方法】

ダウンタイムを確認

病院

具体的な3つの症状

福岡の美容整形外科で施術を受ける前に、ダウンタイムについて知っておくべきです。ダウンタイムとは、日常生活が通常通り行なえるようになるまでの時間のことです。さらに詳しく言うと、ダウンタイムは「痛み」「腫れ」「内出血」の3つに分けることができます。施術内容によって痛みの強さや、痛みが続く長さは異なります。プチ整形なら、ほとんど痛みが無い施術もありますし、メスを使用するような施術の場合1週間以上痛みが続くこともあります。強烈な痛みがあると、仕事にも支障をきたすので、痛みのためのダウンタイムは準備しておいたほうが良いです。顔の整形のダウンタイムで特に多いのが、腫れです。美容整形の腫れはなかなかイメージしづらいものですが、外に出歩けないぐらいの腫れになることもあります。クリニックのホームページやインターネット上の体験談などで、腫れている時の画像を見られるところもあるので、気になる人は探してみると良いでしょう。脂肪吸引する際に考慮すべきダウンタイムが、内出血です。脂肪吸引の場合、広範囲に内出血が出てしまうため、2週間ほどダウンタイムが必要な場合があります。また、プチ整形のような安全性が高い施術でも、顔の施術は内出血が出ることがあります。

リスクを把握する

美容整形を福岡で受けるなら、リスクをしっかり把握する必要があります。どういうリスクがあるのかを確認しないまま施術を受けることによって、失敗する可能性が高まってしまうのです。特に多い失敗が、担当医との意思疎通がとれていないために、仕上がりが理想通りにならなかったケースです。プチ整形のようなやり直しがしやすい施術なら大丈夫なのですが、身体にメスを入れるような大掛かりな施術は、簡単にやり直すことはできません。そのリスクを把握できていれば、慎重に医師と話し合うという段階が踏めるようになるでしょう。

失敗した時はどうすべきか

福岡で美容整形を受けて、万が一失敗してしまった場合は、まずその旨をクリニックに伝えましょう。質が高い福岡の美容整形外科なら、すぐに対応をしてくれます。しかしアフターフォローが充実していないようなところだと、全く相手にしてくれない場合もあるので気をつけたほうが良いです。そういう場合は、他の美容整形外科をあたってみるのも1つの方法です。技術力が高い美容整形外科なら、失敗した施術も見事に修正してくれます。2度と失敗しないためにも、他院修正する際は、慎重に美容整形外科を選ぶようにしましょう。